強調には<STRONG>を!

アクセスアップを図るためにSEOを実践しているわけですが、そのSEOに関して今日は初歩的なお話を。。 
 

SEO対策の初歩として文字を強調するというテクニックがあります。
昔はアクセスアップに効果がありましたが、現在どれほどSEO対策として効果があるかという部分がはっきりはしていません。
 
しかしながらSEOという考え方抜きにして考えても重要なキーワードを太字にすることは文章を伝える上では意味のあることです。


文字を太くするにも<b>タグと<strong>タグの2種類が存在します。
 
では、SEO上ではどちらが有効なのでしょうか?
 
<b>タグは視覚上の強調を意味します
<strong>タグは論理上の強調を意味します。
 
よって、強調するのではれば<strong>タグを使うほうがSEO上では有利ということになります。
 
但し、やりすぎ注意で!
 
全部強調させるとそれは強調していないのと同じことになってしまいますよ!

また、ホームページビルダーのようなソフトでHTMLを作成している人はひょっとすると<b>タグで知らない間にHTMLが作られている可能性もあります。
 

あまり気にしていない人は一度確認してみることをオススメします。 
 
 


 
  ぜひ1票を!
     ↓
ブログランキング banner_01.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。