キーワード出現頻度とアクセスアップの関係

アクセスアップのためのSEOの基本的なTipsとして「キーワード出現頻度」という考えがあります。
すこしでもアクセスアップとかSEOに興味を持っている人は聞いたことがあるかもしれませんね。
 
GoogleYahoo!YST)などで特定のキーワードで上位に表示させたい場合、そのキーワードを効果的にページに散りばめる必要があります。
 
じゃあ、意味も無くキーワードを繰り返せばいいじゃないか、という考えもありますが、それは危険です。何事もやりすぎは禁物ですやりすぎるとスパム扱いとなり、グーグル八分という悲しい結末を招きかねません。
 
じゃあ、アクセスアップに効果的なキーワードはどれくらいの比率で散りばめられているといいのでしょうか?
 
これはGoogleYahoo!YST)しか真実はわからないのですが、10%を超えてしまうと危険という一説があるようです。
いろいろな情報を調べて見ると7〜8%がアクセスアップに理想のようです。
 
最近読み物ページとしていろいろ記事を書いていたら、このキーワードという考えを随分おざなりにしていたようで、出現率が全然低い状態になっていることに気づきました。
 
ちなみに出現率のチェックはここで行えます
 
 

キーワード出現頻度解析 

ぜひキーワード出現率を最適にしてアクセスアップを図ってください!
但し、あまり意味不明な文章にならないように気をつけてくださいね。
やりすぎるとページビューが減りますから、単にアクセス数だけ増えるという悲しい結末が待ってますよ〜

 
  ぜひ1票を!
     ↓
ブログランキング banner_01.gif
この記事へのコメント
はじめまして。

アフィリエイト関連のツールを開発している

しょういち と申します。

今年に入り既に10以上のツールを開発しており
それらをフォーラムで公開しています。

それらのツールが、
アフィリエイトのお役に立てればと思っています^^

是非、ご意見下さい♪

Posted by しょういち@IPC at 2007年02月28日 00:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34860999

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。