Google Analyticsでアクセス解析 第1回 〜アクセス解析サービスの基本〜

一言で「アクセス解析」と言っても実は以下の2種類のアクセス解析が存在しています
 
・アクセスログ解析型のアクセス解析
・タグ埋め込み型のアクセス解析
 
有名どころの「忍者Tools」や、「Google Analytics」などはタグ埋め込み型のアクセス解析サービスです。

では、まずは両者の特徴を説明します。
 
アクセスログ解析型の無料サービス代表は「Analog」や「AWStats」などがあります。
 
アクセスログ解析型のアクセス解析の特徴は、WEBサーバーにアクセスがある度に記録される「ログ」情報を元にアクセス解析を行うことです。
よって、ページに特定のタグを埋め込む必要はありません。


しかしながら、サーバー側にインストールを必要とするなど敷居の高いサービスでもあり、無料サービスブログではなかなか使えません。
アクセスログ解析型の最大の特徴はアクセスに関してすべての記録を残すという点であり、それは、人がアクセスしたものでも、クローラーがアクセスしたものでもすべて残ります。


また、ページ表示にエラーがあっても記録が残るので、たとえばリンク切れがおきていてもログから見つけることができます。
 
一方、タグ埋め込み方のアクセス解析は、ページの特定の部分に決められたタグを埋め込むことでアクセスに関する情報を収集します。


タグ埋め込み型のアクセス解析は、クッキーを使うことで、アクセスしてきた個人を特定することが簡単にできるので、どのページにアクセスしてきて、どのページを順番に見に行ったとか、1ページあたりの閲覧時間はどのくらいなど、細かな情報を取ることが可能です。
 
上記の特徴を踏まえた上で、アクセス解析を選ぶとよいかなと思います。
当ブログでは、タグ埋め込み型のアクセス解析の「Google Analystics」をメインに使うことにしました。

リアルタイムで解析も行いたいため、それに「忍者tools」を併用することにします。
 
この「Google Analystics」は無料でありながら非常にいろんな情報を提供してくれます。
 
・訪問者数
・新規訪問者かリピーターか
・どのサイトからきたか
・最初に自分のサイトのどのページから入ってきたか
・どんな検索ワードからきたか
・どこの地域の人がきたか
・どのページから他のページへ行ってしまったか
・どのくらいの時間、自分のサイトを見ていたか
 
などなど
 
しかしながら、時系列のアクセス解析は弱いという弱点もあります。
何月何日の何時にどれくらいアクセスがあるかというようなリアルタイム解析を希望するなら「忍者tools」が向いています。
 

Google Analystics」は機能が豊富ですが、多機能なのでちょっと使いこなすには説明が必要です。
使いこなすと、結構な戦力になることでしょう。


次回からのアクセス解析のカテゴリトピックでは「Google Analystics」の登録・使い方について触れていきますね。
 
 
 
 
 
 


 
  ぜひ1票を!
     ↓
ブログランキング banner_01.gif
posted by root at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクセス解析
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33613403

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。